草香江ヨガ

blog

Event&Workshop

AMI curry in 草香江

東京世田谷の人気カレー店「Indean canteen AMI」が草香江ヨガにやってきます!

IMG_7433

ちょうど昨日5月9日に2周年を迎えたばかりのAMI。
渋谷からバスで30分くらいと決して便利な場所ではないのだけど、雑誌などに幾度も掲載され、すでに客足の絶えない人気店となってます。

AMIについての記事→ https://setagayansson.com/people/9

ちなみに店主のエミさん、以前はヨガ業界でぶいぶいその名を馳せてました。
インドが好きでヨガ業界の前もインドに携わる仕事に関わり、行き着いたところがカレー屋さん。
エミさんの一本筋の通った性格は、彼女のライフスタイル全般に通じています。

エミさんの作るカレーは本格的な南インドカレーで、スパイスがたっぷり効いているのに優しい味。
一度食べるとまた食べたくなる、病みつきになるカレーです。

IMG_600

今回運よく話がまとまって、エミさんが福岡でカレーを作ってくれることになりました。
特製のチャイもセットで!これがまた美味しいのです。
焼菓子はお世話になってるlacleのまりさんに、カレー後にマッチするお菓子をお願いしました。
これもまた楽しみ。

東京に行かずして福岡でAMIカレーを食べれるなんて、そんな機会滅多にありません。
タイミングの合う方はぜひお申込みくださいね。

〜AMI curry in 草香江〜
6月9日(金)@草香江ヨガ
■時間…①12:00〜 ②14:00〜
■定員…各15名
■内容…AMIカレー1種・AMI特製チャイ・焼菓子(lacle)
■料金…2,300円
■申込み…メールのみ受けつけます。
①お名前
②電話番号
③メールアドレス(こちらからの受信を可能に設定したもの)
④希望時間
を書いて下記アドレス宛へメールしてください。
info@kusagaeyoga.com
*メール送信後2日以上経過しても返信がない場合は再度お問い合わせください。(お使いのメールサービスやソフトの相性でこちらのメールがはじかれる場合があります。)

ひとつご注意。
今回場所が草香江ヨガなので、飲食店とは違った形式となります。
椅子やテーブルはなく、床に座って食べていただくスタイルで行います。
お店と同じような環境で食べていただくことはできませんが、できる限りのおもてなしを頑張ります。
そういった事情をご理解の上、お申込みいただけると嬉しいです。

IMG_7435

ドミニカ先生WS情報

2017/04/28

ドミニカ先生のWSは、告知と同時に土日のWSがすぐに満席となるという人気ぶりでしたが、開催まであと1ヶ月というところでいくつかキャンセルが出たのでお知らせします。

・オープンクラス…残席6
・WS1〜4…満席
・WS5…残席2

申込みを迷っていた方、諦めていた方、都合があえばぜひお早めにお申込みください。
ドミニカ先生初来福という貴重な機会をお見逃しなく。

詳細はこちらから→ http://kusagaeyoga.com/information/547.html/

マキ先生の解剖学WS

2017/04/09

マキ先生の「教えてからの解剖学」WS、無事終了しました。

骨とか筋肉とか神経とか…一部のマニアックな方にはこたえられない分野だろうけど、一般には馴染みのない複雑な用語に悩まされる解剖学。大抵の人はまず頭を抱えます。
私も解剖学の勉強を始めた頃はちんぷんかんぷん。
何年もかけて最近ようやく友だちになれた感じです。

そんな取っつきにくい解剖学が、マキさんのゆったりとした関西弁で語られるとまるで音楽を聴いてるみたいにすいすい耳に入ってきて、身体ってとても神秘的だなあ、愛しいなあ、と思えちゃうから不思議です。
解剖学をもっともっと勉強したくなる。
マキさんの講義は魔法のようです。

身体への理解が深まると、自身のヨガへの取り組みも自ずと変化し、人の身体を見る目も鮮やかになる。
確かな道筋へ導くことができるから、怪我をさせない安全な指導ができるようになる。
現代の身体を動かすことが主流のヨガの世界では、身体への理解は必須だと考えます。

福岡ではマキさんの指導は今回がはじめてですが、あっという間に参加者の心をつかみ、解剖学の深遠なる世界へみなをぐいぐいひっぱっていきました。
さすがだなあ。
今回のテーマは、股関節と肩甲骨と腰痛について。
どれも興味深い分野で、参加者からはたくさんの質問が相次ぎました。

マキさんには今後も定期的に福岡に来ていただきます。
さまざまなテーマに取り組みながら身体への理解を深め、もっともっと身体と仲よくなって、自分を愛おしく労ってあげたいものです。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
マキ先生、素晴しく豊かな時間をありがとうございました。
早くも次回が楽しみです。

IMG_7558

« ...89101112...20... »