草香江ヨガ

blog

伊藤雅之先生ヨーガ哲学講座

2018/12/02

2年ぶりの伊藤先生ヨーガ哲学講座のお知らせです。
哲学はヨーガの世界にとどまらず、単なる学問にとどまらず、万人が生きていく上での智慧、光です。
私個人の体験ですが、
哲学を学ぶことで、日常生活でもいたるところに幸せや感謝を感じるようになりました。
つらいことや苦しいことが起こっても、動じない強さが自分のなかにできてきました。
自分の内面に起こっていることが明確にわかるようになり、肯定的な感情も否定的な感情も、ありのままに見ることができるようになりました。
哲学は「特別な何か」ではなく、生活を豊かにするためのツールとして、多くの人に取り組んでもらいたい分野です。
伊藤先生の講義は、深遠なる哲学の世界を、簡潔かつわかりやすい視点で展開していきます。
ヨーガを実践しているしていないに関わらず、興味のある方すべてにおすすめします。

【伊藤雅之ヨーガ哲学講座】

*すべて満席になりました。以後キャンセル待ちで受けつけます。(2018.12.20)

◎プログラム◎
⑴ 2019年2月23日(土)13時〜15時(2時間)
はじめてのインドの歴史と文化
インダス文明発祥から現在まで約5000年の歴史をもつインド。この講座では仏教、ヨーガ、ヒンドゥー教などインドのおもな思想・実践の大きな流れを概説します。またインドの聖典『バガヴァッド・ギーター』の主要な内容を理解します。

⑵ 2019年2月23日(土)15時半〜17時半(2時間)
『ヨーガ・スートラ』とサーンキャ哲学
『ヨーガ・スートラ』のみでなく、インドの多くの哲学を理解する手がかりとなるサーンキャ哲学。この講座ではサーンキャ図を概説するとともに、『ヨーガ・スートラ』の主だった章句の意味を学びます。

⑶ 2019年2月24日(日)10時〜12時(2時間)
ヨーガと日常生活
『ヨーガ・スートラ』の内容をより深く理解するために、現代のスピリチュアル・マスターであるエックハルト・トールのメッセージはたいへん重要です。この講座では、トールの語る「こころ(マインド)」「エゴ(自我)」「ペインボディ(潜在印象と類似)」のはたらきについて学び、わたしたちが何を日常生活で心がければよいかについて探ります。

⑷ 2019年2月24日(日)13時〜15時 / 15時15分〜17時15分(4時間)
非二元(ノンデュアリティ)とヨーガ瞑想 
『ヨーガ・スートラ』に代表されるラージャ・ヨーガとともに、インドで重要視されている伝統として、ジュニャーナ・ヨーガ(知恵の道)が挙げられます。この講座では、この伝統を概観したうえで、20世紀以降の西洋でのさらなる発展を紹介します。そのなかでも、「ダイレクト・パス」と呼ばれる非二元(ノンデュアリティ)のアプローチを体験するための瞑想実践をおこないます。

◎場所◎
草香江ヨガ

◎定員◎
各講座15名(先着順)

◎受講料◎
⑴ ⑵ ⑶ 各4,000円
⑷ 8,000円
全受講 18,000円
*chama200時間TT修了生、ヨガボディ200時間TT修了生は、⑵の講座料が半額、全受講料が17,000円となります。

◎持参するもの◎
*ブランケットやクッションなど腰の下に敷くもの(長時間の座学に備えて)

◎お申込み◎
メールのみ受けつけます。
件名に「ヨーガ哲学講座」と記載の上、
①お名前
②電話番号
③メールアドレス(こちらからの受信を可能に設定したもの)
④希望の講座番号もしくは講座名
を書いて下記アドレス宛へメールしてください。
info@kusagaeyoga.com
*メール送信後2日以上経過しても返信がない場合は再度お問い合わせください。(お使いのメールサービスやソフトの相性でこちらのメールがはじかれる場合があります。)

◎講師プロフィール◎
itoumasayuki.jpg伊藤雅之(イトウ マサユキ)
愛知学院大学文学部英語英米文化学科教授。1964年名古屋市生まれ。1998年米国ペンシルバニア大学大学院博士課程 修了。社会学博士(Ph.D.)。日本学術振興会特別研究員(東京大学文学部宗教学研究室)を経て、01年より現職。日本マインドフルネス普及協会副代表理事、日本宗教学会、ポジティブ心理学医学会評議委員。専門は宗教社会学。特に現代世界に広がるスピリチュアリティ文化(ニューエイジ、ホリスティック心理学など)に関する研究をおこなう。ヨーガと瞑想の実践者でもある。2007年から5年間、ヨガフェスタにてヨーガ哲学を担当する。著書に『現代社会とスピリチュアリティ』(渓水社、2003年)、訳書に『現代人のためのヨーガ・スートラ』(グレゴール・メーレ著、産調出版、2009年)などがある。

フラワーエッセンスWS

2018/10/26

植物の持つエネルギーを使って心のバランスを整えるイギリス発祥の自然療法『フラワーエッセンス』。
創始者エドワード・バッチの理念を忠実に受け継ぐヒーリングハーブス社のフラワーエッセンスを使って、今の自分の心にぴったりのブレンドボトルをつくるワークショップです。
自分自身の「今」を見つめ、感情や思考の動きをまとめ、そこに響くメッセージを持った植物のエッセンスをとることで、崩れた心のバランスを整えていきます。
様々なストレスで凝り固まった心をほぐし、軽やかな気持ちで穏やかな日々を迎えてみませんか。
そんなプロセスにご興味がある方の参加、お待ちしております。

IMG_2507

〜フラワーエッセンスWS〜

◎日程◎
2018年12月16日(日)14:00〜16:00

◎場所◎
草香江ヨガ

◎定員◎
6名
*満席になりました。キャンセル待ちにて受け付けます。

◎参加費◎
4,000円(アヤメのお菓子とお茶つき)

◎お申込み◎
メールのみ受けつけます。
件名に「フラワーエッセンスWS」と記載の上、
①お名前
②電話番号
③メールアドレス(こちらからの受信を可能に設定したもの)
を書いて下記アドレス宛へメールしてください。
info@kusagaeyoga.com
*メール送信後2日以上経過しても返信がない場合は再度お問い合わせください。(お使いのメールサービスやソフトの相性でこちらのメールがはじかれる場合があります。)

◎講師プロフィール◎
三浦初音(みうら はつね)
ヒーリングハーブス・バッチフラワー協会
myki school認定初級講師
春日市で古道具屋「URU」を営みながら、カウンセリングやワークショップなどのフラワーエッセンスの活動を続けている。

IMG_2508

教えてからの解剖学WS part4

マキ先生の「教えてからの解剖学WS」開催します。
今回で4回目。
マキ先生は「解剖学」という括りを超えて、カラダが秘めている無限の可能性を楽しくわかりやすく伝えてくれます。
本講座を受けると、以前よりずっとずっとカラダのことが愛おしくなりますよ。
カラダの神秘にため息をつきながら、広がりゆく宇宙を味わってみませんか。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

「教えてからの解剖学WS part4」
 2018.11.24(Sat)〜2018.11.25(Sun)

◎WSの主旨・目的◎
現在ヨガを指導している方々の中で、200時間の基礎的な養成講座を修了してヨガを指導している方が多いと思います。その200時間の講座の中では解剖学・生理学が必須科目として規定時間を履修する必要があり、みなさんもその講座を受講されたことでしょう。
しかし、TTの中では暗記科目の印象が強く、テストをパスすることが解剖学・生理学での一番の目的になっていた方も少なくないでしょう。
いざ、自身でヨガを指導するときに、多様な生徒の身体を目の前にした時に、解剖学・生理学の必要性を初めて痛感したのではないでしょうか?
このWSでは“今さら聞けない”解剖学の基礎的な知識の復習と、その一歩先に進んだ日常のクラスに活かせる実践的な内容も含みます。個々の多様な生徒の身体に自信を持ち、また真摯に対峙できるワンランク上のスキルを培っていきます。

◎日程・内容◎
①2018.11.24 (Sat) 14:30~18:30
【肩甲骨の復習と肩関節】
この「教えてからの解剖学」の最初の講座で肩甲骨をテーマにしました。そこで上腕骨(腕)の動きに肩甲骨が連動し、腕の動きに貢献していることを知りました。
しかし、上腕骨の運動が起こっているのはやはり肩関節であり、今回は肩関節の構造や動きを知っていきます。指導者の方でも肩甲骨の動きは柔軟であるが、肩関節自体は柔軟性が乏しく、痛みを抱えながらアーサナをとっている方が多い印象です。痛みや不調を起こしやすい関節の一つです。ローテーターカフや四十肩・五十肩にも言及します。
より快適で安定した肩関節周囲を経験していきましょう。

②2018.11.25(Sun)10:00~14:00
【背骨のタダアサナ】
私たちは子供の頃からよく「姿勢を良くしなさい」と教えられてきました。
姿勢=背骨と言っても過言ではないほど姿勢と関係の深い背骨。
背骨が整っていると自ずと姿勢が良くなりますし、余計なチカラも使わなくなります。
ヨガでも重要な役割を担っているのですが、手や足という実行部隊であるパーツに比べて、自分の目で確認しにくい部位なので、末端の華やかさに比べるとつい疎かになってしまう部分でもあります。
今回は背骨のしくみを解剖学的に知り、ヨガのアーサナでの背骨の役割等を知り、さまざまなアーサナで背骨がタダアサナ状態であることを基本として体験していきます。
背骨のスカ(安楽)とスティラ(安定)という相反する営みにも気づいて行きましょう。

③2018.11.25(Sun) 14:30~17:30
【目に見えるチャクラのはなし】
ヨガを始めると時々耳にするチャクラ。
チャクラは簡単に言うとエネルギーセンターで、これが整うと心も身体も整うとも言われています。でも目に見えないモノってなんだか怪しい…
チャクラが開いてるってどういうこと!?!?など疑問に思ったことがある方は少なくないかもしれません。
かくいう私もチャクラって何??と懐疑的に思った一人でした。
色が見えるわけでもないし、ましてや何がまわっているのか理解できないし、ヨガは続けるけどチャクラは知らなくってもいいわとも思っていました。
しかし、解剖学という身体の探求を続けていくと、身体や身体のしくみとチャクラの関係を感じずにはいられなくなりました。
目に見えるものを突きつめると、目に見えない事象に繋がり、
目に見えない事象を突きつめると、目に見えるものにたどり着くことを実感しました。
エネルギー=気は私たちの身の回りでさまざまなモノに投影されて身近に存在しています。
今回は私が経験した過程をみなさんにお知らせするとともに、7つのチャクラをカタチある身体面から知っていきます。
チャクラが目に見えない得体の知れないモノから、身近な存在になりますように…
堅苦しくもなく、逆にフワフワした感じでもなく
おとめ座の私が地に足着いたチャクラをお話ししますね。

◎場所◎
福岡市中央区天神周辺(詳しい住所は参加者の方に直接おしらせします)

◎定員◎
18名(先着順)

◎対象◎
・200時間あるいはそれに準ずるトレーニングを受けていて基本的なヨガ解剖学の知識のある方
(具体的には基本的な関節構造、主要な関節の動き、骨・筋肉の名称とその機能についての知識を有している方)
・ヨガを教えている方

◎準備するもの◎
*講義では次の書籍を使用しますので、お持ちでない方は事前購入をお願いします。
・ぜんぶわかる人体解剖図  http://amzn.asia/3VfBque
・プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典 http://amzn.asia/gniQfTh

◎受講料◎
WS①…10,000円
WS②…10,000円
WS③…10,000円
ALL …27,000円

◎お申込み◎
メールのみ受けつけます。
件名に「解剖学WS」と記載の上、
①お名前
②電話番号
③メールアドレス(こちらからの受信を可能に設定したもの)
④希望講座の番号
を書いて下記アドレス宛へメールしてください。
info@kusagaeyoga.com
*メール送信後2日以上経過しても返信がない場合は再度お問い合わせください。(お使いのメールサービスやソフトの相性でこちらのメールがはじかれる場合があります。)

◎講師プロフィール◎
Maki
makiさん

現役理学療法士で現在は訪問リハビリに携わっている。
以前総合病院で勤務していた時に腰痛に悩まされ、その時にYogaと出会う。Yogaを初めて体験した際、身体的にリハビリとの共通点が多いことに感銘を受け、そこからYogaの世界にのめりこむ。
2009年よりロビンソン尚子氏に師事。
Yogaの身体面のみではなく、精神的・宇宙的側面にも興味を抱き続けている。
また理学療法士としての解剖学の知識を活かし、解剖学と意識・エネルギーとの関係性への探求を続けている。
解剖学だけでなく、生理学、運動学への造詣も深く、重力と人間の身体との関係もヨガのアーサナの中で必要な要素の一つであると実感している。
関西のいくつかのインストラクター養成講座のみにとどまらず、ヨガジェネレーション主催のサントーシマ香先生のRYT200時間コースでも、解剖学と生理学部門を担当しており、その講義はおもしろくわかりやすいと定評がある。
また関西各地で定期的にYoga解剖学のWSを開催している。自他ともに認める解剖学オタク。
http://pranatomy.wixsite.com/yoga