草香江ヨガ

instructors

先生紹介

Yumi Tateyama

Yumi Tateyama

人生にはさまざまな波がやってくる。
若かりし頃は大小の波にぶつかり、跳ね返され、呑みこまれることもしばしば。
それが最近は、結構な荒波をいい塩梅で乗りこなすことができている、ような気がする。
ヨガのおかげかな。
ヨガが広げてくれた世界は、外側だけでなく私自身のスペースにも及ぶ。
穏やかな静寂とぶれない軸。
求めるのではなく来るのを待つ。
何気ない日常を丁寧に味わい、感謝する。
足るを知る。
余白を楽しむ。
私の心にある本当の気持ちに気づく。
今ここを大切に。
潔く生きる。

特性
「好き」を引き寄せるアンテナ
「好き」を発信する力
集中力と瞬発力
好き
珈琲と甘いもの・映画・本・音楽・
ワイン・1人の空間・旅・家族・
自然・わくわくどきどきすること

Naoko Nakamura (nana)

Naoko Nakamura (nana)

「『愛』と『自由』は同義語である。」
この言葉を初めて聞いたのは、10年以上前。
なんだか素敵な響きだな、と思ったけど、よく意味が分からなかった。
でもどこか気になって、それ以来ずっとこの言葉を反芻ながら生きています。
すると、ヨガの練習してるときに、ふとヒントをもらったり。
すると、日々の生活の瞬間瞬間に、自分が何を選びたいのかが明確になったり。
そうやって少しずつ、言葉の意味が腑に落ちていけばいくほど、人生が楽しくなってきている感じです。
この言葉を抱いていく限り、この小さな歩みは、ずっと続いていくんだろうなあ、
と思うと、歳を重ねることもいいなあって。
そして、そんな言葉と私をつないでくれるヨガが好きです。

特性
変化のときこそ耳を澄ます。
変化のときこそ、
何が変わらないものなのか、
見えてくるから。
好き
我が家の子ども達と犬。
赤ちゃんから、お年寄りまで、
全ての年代の人々。
お日様。勉強すること。美味しいごはん。

Umi Ogawa

Umi Ogawa

よく喋り、よく笑い、とにかく毎日を楽しく過ごす事をテーマに、
心から楽しい!と思えることにとことん全力を注ぐ典型的B型。
一方「超・慎重派」な一面もあり、石橋は叩いて叩いて叩きまくって渡るタイプです。
ヨガを始めた頃、普段の生活が「日常」で、ヨガの時間は「非日常」だと、全く別のものとして考えていて、
日常(普段の生活)でイライラしたり落ち込んだ時に、非日常(ヨガの時間)で息抜きをする、そんな流れを繰り返していました。
でもそのサイクルを繰り返せば繰り返すほど、別のものとして頭で考えてた感覚が、
少しずつ身体でリンクし始め、色んな物ごとを心で考えるようになり、
徐々に日常と非日常が繋がりだし、これまで以上に毎日を楽に愉しく過ごせるようになりました。
ヨガは日常。
特別なものでもなく、常に私自身にぴったりフィットしているものだと気づかせてもらいました。
これからも自分なりのペースで、私らしさが目いっぱい出せるヨガを、一生懸命伝えていきます。

特性
ひょうきん・食欲旺盛
好き
家族との時間・大切な仲間との時間
海と山・カレー・おやつ

Yukika Takenoi

Yukika Takenoi

人生の折り返し地点と言われる年齢に差し掛かった時に、人生の前半を思い返したら、若気の至りで雑に生きてたなぁ、一緒に歩んで行く唯一無二の自分の体を大切に愛してあげなかったなぁと反省。
今日が人生の一番新しい日、一日一日を丁寧に大切に生きていこうと心がけている今日この頃。
ヨガと出会ったおかげで、それがとても楽なもの、楽しいものになった気がする。
格好がいい生き方はできないけれど、それでいいんだ、と教えてくれたのもヨガ。
これからもシンプルに、今を味わいながら続けていきたい。
実はネクラ。おたく。自己陶酔型。太宰が好き、芥川が好き。キラキラした華やかな場所は苦手になった。
動物占いはライオン。おだてに弱い、頼まれたら断れないタイプ。

特性
ピンチはチャンス。
本番に強い。好奇心旺盛。
好き
夫と愛犬。じぶんのうち。
海の中。旅行。本。

Risako Kawabata

Risako Kawabata

学生の頃、肩こり解消にと軽い気持ちでヨガを始めました。
ヨガをしたら疲れるのではなく、何故だかスッキリする感覚が好きで、細く長くヨガを続けてきました。
30代になり一念発起、ヨガを深く学び始めてインストラクターになることを決意。
ヨガはあたりまえでいつも観ていなかった呼吸を丁寧に観察する練習。
すると見えていなかったあたりまえにきづいていく。
お部屋の掃除をしたら居心地がよくなるように、
手間をかけたら美味しい料理ができるように、
自分の身体と丁寧に関わり仲良しになる。
世界を体験する土台となる自分自身、それは体であり心であり魂であり。
あるがままの自分と仲良く交わりながら、頑張りすぎずヨガを楽しんでいきましょう。

特性
直感
私の中の時間
好き
ドキドキわくわく
家族、仲間たちと過ごす時間
温泉
音楽
空が広い田園風景

Motoko Komori

Motoko Komori

20歳の時にエアロビクスを始めて20年ほどたった40歳の時にピラティスと出会いました。
それまでのガンガンにやみくもに身体を動かしていた感覚とはまったく違う、自分の身体と向き合い、自分自身の身体と繋がるこのエクササイズに最初のセッションから惹きつけられました。
身体の使い方を学ぶと同時に心のありようも大きく変化したと思います。
ピラティスの指導を始めて15年経った今、ピラティスはスタジオの中だけのものではなく、もっともっと日常生活に生かしていけるものだと感じています。
ピラティスのエクササイズそのものより
大切だと思っていること。
普段の姿勢や歩き方をちょっとだけ意識してみたり、ピラティスを通して、自分自身の身体を大切に扱うことや、健康に気をつけるようになったり。
参加してくださる方にそんなことをお伝えできるといいなぁ…と思います。

特性
よく飲みよく食べる
涙もろい
好き
旅、森にいくこと
ひとりでいること
好きなひとたちといること
美味しいものを食べること

Hideaki Matsuo

Hideaki Matsuo

若い時からずっと
ヨガに親しんできた

心身ともに不安定で
「いつも何者かになりたい」と焦っていた自分にとっては
ヨガの安息の時間が
必要だった

「僕はヨガに救われた」
と思っている

今年は30年やってきた
会社を手放した

残りの人生は
本当にやりたいことだけ
やっていく

生きづらいと感じている人に
「ヨガをやると
生きやすくなるよ」
と伝えたい