草香江ヨガ

blog

Event&Workshop

【ジョー先生のエクササイズ動画8】

2020/06/04

View this post on Instagram

【ジョー先生のエクササイズ動画8】 おはようございます。おうちの○○シリーズ、今回はリュックサック。これキツい!けど、足腰を鍛えるにはとてもよいトレーニングです。ジョー先生の年齢不詳の身のこなしに惚れ惚れ。 #Repost @joemilleryoga with @make_repost ・・・ *お家の〇〇でシリーズ その2 If, in your home practice, you’re working on building strength, but are feeling stuck because you don’t have weights at home (and don’t want to spend $1000 on a kettlebell right now), here’s an idea. Take that backpack you’re not using because you’re inside all day, load it with some books, and, voila—a weighted vest. . 家で体を鍛えたい、でも道具がなくて行き詰っている(そして、今ケトルベル:ウェイトトレーニングの道具 に出費したくない)という人への提案。毎日うちで過ごしているから使わないリュックの中に本を詰めて….. ジャジャーン!ウェイトベストのできあがり。 This is about 20 lbs (I weighed it with my luggage scale), so it’s not a lot, especially for lower body exercises, but it’s something. . 約9kg(ラゲッジスケールで測りました)なので、特に下半身のトレーニングには物足りない重さとはいえ、ちゃんと仕事をしてくれます。 Here I’m using it for a sequence I’ve cleverly named squat-squat-lunge-lunge, which I often incorporate into conditioning/cardio workouts at home. It’s simple but effective, and the backpack adds just a little extra challenge. これは我ながらいいネーミングの「スクワット・スクワット・ランジ・ランジ」。家でのコンディショニングや有酸素運動に組み込んでよくやっているシークエンスで、これにウェイトベストを使ってみました。 シンプルで効果的、そしてこのリュックがちょっぴり負荷を与えてくれますよ。

A post shared by 草香江ヨガ (@kusagaeyoga) on

【ジョー先生のエクササイズ動画7】

2020/06/02

View this post on Instagram

【ジョー先生のエクササイズ動画7】 おはようございます。 昨年11月、草香江ヨガのティーチングのため来福したジョー先生。小さなスペースを活用したエクササイズです。 一人暮らしのお家やエレーベーター待ちのマンション通路、縁側なんかでもどうでしょう。これができそうな場所を思わず探してしまう私です。(ケイ先生談) #Repost @joemilleryoga with @make_repost ・・・ *お家の〇〇でシリーズ 来福編その1 Hotel room practice this morning: cross-over walks with eagle arms. . 今朝、ホテルの部屋でおこなったプラクティス:腕はイーグル(ガルーダアーサナ)のままクロスオーバーウォーク。 Generally Japanese hotel rooms are pretty small. There’s not a lot of room to practice, but this one has a long hallway. . 一般的に日本のホテルの部屋はとても狭いので、練習するための十分な空間がありません。ですが、今回の部屋は入り口から続く長い通路があります。 Whenever I’ve got a long hallway, it always feels like a good opportunity to experiment with locomotion practice. . 長い廊下があると歩行運動をやってみたくなるんです。 These crossover walks are pretty , I think, although they feel a little like staying in utkarasana longer than you want. But switching your stance and moving makes it more interesting. . このクロスオーバーウォーク(脚を交差させながら歩行する運動)はとても手軽。それでいてウトゥカタアーサナをおもいのほか長くやり続けているようなエクササイズ。ですが脚を変える動作、そして移動するという行為が、そこに面白さを加えています。 Also had a nice run along the river here in Fukuoka before breakfast, so that was nice. Off to teach now @kusagaeyoga また朝食前には、ここ福岡の川沿いを気持ち良く走ってきました。 さて、今から講座です。草香江ヨガへ出発。

A post shared by 草香江ヨガ (@kusagaeyoga) on

【ジョー先生のエクササイズ動画6】

2020/05/26

View this post on Instagram

【ジョー先生のエクササイズ動画6】 おはようございます。 今回から、この時期だからこその「おうちの〇〇」を活用したエクササイズシリーズをお届けします。 その1は、出入り口 笑。 #Repost @joemilleryoga with @make_repost ・・・ Working on upper body pulling strength at home can be a challenge if you don’t have a suspension trainer or a pull-up bar (or both). But a doorway can work in a pinch. . Here I’m hooking my fingers around the back of the doorframe. I step my feet through the door and lean my upper body back. The farther forward my feet are, the greater the angle of the body and the more resistance there is, although I can’t go too far forward, because I don’t want my hands or feet to slip. I position my hands so that when I pull myself upright, my hands will be a little below shoulder level. . Keeping a plank-like body, I pull myself toward the door, as if I’m trying to pull myself through it. I consciously draw my elbows back and retract my shoulder blades (pulling them toward my spine) as I come forward. . This mostly targets the posterior (back) deltoids, the “caps” of muscle on the outer shoulder, as well as the shoulder blade retractors, including the rhomboids and mid and lower trapezius muscles, which pull the shoulder blades toward the spine. . I don’t think this is an ideal way to train these muscles. For me, it’s just not enough resistance, so I tend to focus more on pull-ups and weighted rows in my practice. But I think it works to get at least a little training effect without any extra equipment, particularly for the posterior deltoids.. . . *おうちの〇〇シリーズ その1 サスペンショントレーナーや鉄棒(または両方)がなくても、自宅の出入り口を使えば上半身の引く力を鍛えることができます。 このようにドアフレームに指を引っかけます。枠のむこうに足を置き、上体は後ろへ傾けます。足を前に出すほど上体が傾いて負荷は増しますが、手足が滑るので私は出しすぎないところでやっています。手の高さは、上体を引き上げた時に肩より少し下に来る場所に決めます。プランクのような体勢を保ったまま、体をドアの向こう側へ方へ通そうとする感じで引き上げます。前へ向かいながら意識的にひじを後ろに引き、肩甲骨同士を近づける(背骨に向かって引きよせる)ようにします。 この運動では、肩甲骨をまた菱形筋(りょうけいきん)、僧帽筋の中部と下部といった肩甲骨を背骨に向かって引き寄せる筋肉群はもちろん、後部三角筋と肩のアウターマッスルもターゲットになっています。 もちろん理想的な方法とは言えません。私には少し負荷が足りないので、プルアップ(背中で引く動きのトレーニング)やローイング(おもり使ったボートを漕ぐような動きのトレーニング)として自分の練習に取り入れています。特別な道具がなくても取り組めて、特に後部三角筋のちょっとしたエクササイズになるのではないでしょうか。

A post shared by 草香江ヨガ (@kusagaeyoga) on